気の感覚

皮膚感覚や身体の内部の感覚にも注意を払う

視覚ばかりに注意を払っているのを修正すること 多くの人が、周囲の状況を把握する時、視覚優先で生活されていると思います。 その補助として、聴覚、嗅覚という感じでしょうか。 味覚は食べる時だけなので、周囲の状況を把握することには使わないのは当然としても、触覚にはあまり注意を払っている人はいない様な氣がします。 確かに触覚で周囲の状況を把握するのには限界があるのですが、それでも肉体を把握するためには、皮膚感覚にも注意を払っておくことは大切です。 また皮膚感覚だけでは無く、肉体内部の状態の感覚にも注意を払ってみて ...

Copyright© 遠隔ヒーリング氣功 , 2019 All Rights Reserved.