現実世界や時空の事

現在から過去に影響を及ぼす事は可能なのか?

現在から過去に対して思念を送る事は可能 私は体験的に、現在から過去に影響を与えられたと解釈出来るのではないか?という出来事を経験したことがあります。 現在を変えることで未来が変わることは理解できても、現在から過去に影響を与えるというのは、理解し難いことだと思います。 でも、過去に影響を及ぼせるからこそ、瞬時に願いが叶うという様な体験が可能なのかも知れません。 思ったことが直ぐに叶うことがあるが、それは過去に影響を及ぼせるからかも知れない 未来にしか影響を及ぼせないなら、どうしてもある程度の時間は必要になる ...

宇宙を意識するときの注意点

宇宙を意識する時、上方向ばかり意識していないだろうか 宇宙を意識することは良いのですが、その時、上方向にばかり意識を向けてしまう傾向がある様に思います。 上に意識を向けすぎているから、エネルギー体が身体より上方向にずれている事が多いのです。 宇宙を意識する時に、上方向しか捉えないことで、様々な不具合を引き起こすのでしょう。 それを修正する為に、大地を意識するのがグラウンディングではあるのだが 上にばかり向かっている意識を地球にも向けるためにグラウンディングを行ったりする様ですが、その場合でも狭い範囲の大地 ...

五感で感じているのは全て過去であるということ

現在の出来事を感じる事はできない 感じている世界というのは、現在の姿ではなく、極わずかな時間ではあるけれども過去であるということです。 例えば視覚に映っている姿は、対象から反射する光を眼球で感じ、それを脳の視覚野に送り解釈されたものですよね。 極わずかとは言え時間が経過しているので、現在の姿ではないのです。 いま、この瞬間の状態は感じることはできないということです。 つまり、極わずかとは言え、常に過去を感じている訳です。 認識した状況をどのように解釈するかで現実が変わる 認識した過去の状況に対して、どう解 ...

意識の拡大と動的な一体感について

遠くに意識を向けるのではなく、感覚を高め遠くまで感じる感じにする 瞑想中などに意識を拡げようとすると、遠く経へと意識を向けて拡げようとする傾向がある様な氣がします。 それをやってしまうと、自分にエネルギーが向かず、意識が拡がったは良いけれども、勢いが弱くなるということが起きてしまいます。 そうではなく、感覚を研ぎ澄ませることで遠くまで感じる様な心持ちにしてみてください。   押すのではなく、吸う感じ 意識を向けるのが押す感じとすれば、遠くまで感じるのは引っ張ってくる感じとか吸う感じです。 そうい ...

Copyright© 遠隔ヒーリング氣功 , 2019 All Rights Reserved.