天に対する認識

天というと多くの人は、上空を意識する事が多いと思います。
そして天と繋がろうとすると、上空の氣と繋げようと意識するのではないだろうか。

果たしてそれは正しいのだろうか。
その疑問から、天の認識を変えてみたら、結構、いい感じになったのが1ヶ月ほど前。
それで色々試していた。

変更したのは、天は上空ではなく、地表の直ぐ上から天であるという認識。
つまり、世界は天の中にある。
天はここであるということだ。
天地を繋ぐとかそういうことではなく、天地は始めから繋がっている。
ある意味、この認識になることが、天地を繋ぐことなのかも知れないのだけど。

我々は始めから天に在った。
認識の変更だけで、急激に氣が高まった。

いまここのひとつの解が、天の認識の変更だったと。
ここが天である。

認識1つで、ここまで変わるのには驚いた。

よく氣がついたというべきか、それとも、何故、こんな簡単なことに氣づけなかったと嘆くべきか。
地球も宇宙の一部とか認識してたのに、これに結びついてないのだからなぁ。

活動支援のお願い

記事の内容がお役に立てましたらご支援頂ければ幸いです。

PayPalmeハヤシヘルスプラン

笑顔♡感謝が幸せを引き寄せる

1

遠隔ヒーリングは心と身体の癒しに効果的です。 伊勢神宮のお膝元である伊勢 ...

2

家やお店、会社の氣を遠隔で調整します 家や会社、お店の氣の乱れが激しい場 ...

3

夫婦や恋愛関係のお二人の氣を同調させる為の遠隔ヒーリング 大切な人と氣持 ...

-