freefont_logo_genshingothic-p-heavy-1
雑感では主にスピリチュアル的な事の覚え書き的な事を書いていますが、日常の事も書いたりもします。
スピリチュアル的な事に関してですが、内容はどんどん変化していくと思いますので、適当に流す感じで読んで頂ければと思います。

初めて背後の感覚を認識したときの感じを思い出した。

初めて背後を意識したときの感覚を忘れていた事に氣付いた。
ここ最近の背後の感覚と全然違っていた。

初めて感じた時の方が凄かったという事。
初めて背後の感覚が来たのは2002年だったと思う。
それはそれは衝撃的だった。
そのインパクトが強かったから、背後を外せなかったのだけど、その背後の感覚が、いつのまにかすり替わっていたのだから驚きだ。

元々、背後に至ったのは、視野は前方にしか広がっていないから、視野外である背後を意識したらどうだろう?ということから始まった。
それはつまり、視野の背後だった。

ところが、その後すぐに、背後の音であったり、背中の皮膚感覚の拡張とかで、背後を把握しようとする様になっていた。
そこに何の疑問もなかったし、それで良いと思っていた。

でも、氣付いた今、視野外での背後と、背後の音や背中の皮膚感覚での背後では全く違うことがわかる。
なにせ、音は皮膚感覚の背後では、範囲が狭すぎるからなぁ。。
本当に狭い。

視野の背後だと、めちゃめちゃ広い。
当たり前だけど。

最初のあのインパクトは、視野外としての背後だった。
あれこそが、真の背後の感覚だった。
まさに宇宙だ。

そして、目と目の間のあの位置も視野外なんだよ。
ある意味では、背後の中心ともいえるのかも知れない。

一旦、視野外の背後の感覚をつかめれば、目を閉じていてもいける。
18年前は、あの背後の感覚がなんだったのか分からなかったから、別の背後の感覚にすり替わってしまって、あの感覚とは遠い背後の感覚になっていたのに、それに氣づけていないという罠に陥っていたのだろう。

不意に来た感覚というのは、プレゼントの様なもので、それは真理である事も多いのだけど、それは長続きはしない。
そしてそれを、意識的に再現するのは非序に困難でもあったということ。
再現できてないことにすら氣付いてなかったので、18年かかってしまったよ。。

視野の背後というキーワードを忘れないようにしないとね。

遠隔ヒーリング無料体験コース実施中

心と身体、運命の癒しに効果的な遠隔ヒーリングを、初回のみですが無料で体験して頂けます。
ぜひ、この機会に遠隔ヒーリングを体験して下さい。


日々雑感一覧

笑顔♡感謝が幸せを引き寄せる

1

https://youtu.be/QzNqe4u-AOc ストレス状態は ...

2

https://youtu.be/QzNqe4u-AOc 家やお店、会社 ...

3

https://youtu.be/QzNqe4u-AOc 夫婦や恋愛関係 ...

-

Copyright© 遠隔ヒーリング , 2021 All Rights Reserved.